引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1460909224/
1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:07:04 ID:iCX
今日(ていうか昨日か)母ちゃんから、そのババアが死んだとの連絡があった

ようやく安心出来る

3: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:07:34 ID:Fgo
聞いてやる

9: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:31:35 ID:iCX
そのオバハンは、元々俺の実家の近くに住んでた人でな
学生の頃も顔見たら挨拶しあうような割と良好な関係だった

そのオバハンに変化があったのは、俺が高校3年の時だった

13: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:34:25 ID:iCX
なんていうか、高校3年になったくらいからオバハンの様子が変わり始めたんだよ
最初に違和感があったのは、俺が挨拶したら無表情で俺を見てくるようになったこと
前までは笑顔で挨拶を返してたのに、俺が挨拶してもマネキンみたいな無表情で、じーっと俺の顔を見るんだ
あれ?って思ってたら、急に笑顔になって挨拶を返してきてたけど、なんか変だなって感覚があった

14: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:36:32 ID:iCX
それから徐々に無表情で見る時間が長くなって、気付いたら挨拶すら返さなくなってた
まあ、俺も無視されようがアホみたいに挨拶していたんだけどな
小学校くらいから知ってる人だったから、挨拶するのが当たり前になってたんだ

15: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:40:38 ID:iCX
そんで、“おばちゃん”が“オバハン”に変わったのが、高校3年の夏くらい
夏休みが近くなってきたころの夕方、ある日玄関のドアを叩く音が響いてきた
トントンなんて可愛らしい音じゃなくて、ドンドンドンドン!みたいな、ドア壊れるんじゃねえかと思うくらいデカい音
俺んちは兄貴と両親の4人暮らしだったけど、全員が何事かと玄関に集まって、父ちゃんがドアを開けたんだ

そしたら、まさに鬼の形相のオバハンが立ってた

17: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:45:28 ID:iCX
もちろん家族みんなオバハンのこと知ってたから、みんな驚いた
父ちゃんが「シズさんどうしたんですか?」って聞いてみたんだけど、オバハンなんも答えなくてひたすらブチ切れ顔してた
その時気付いたんだけど、オバハン、俺を睨み付けてたんだよ
父ちゃんも母ちゃんも兄貴も一切見ずに、ひたすら俺を睨み付けてた
オバハンが何も言わないから家族みんな困ってたら、いきなりオバハンが叫んだんだ

「この盗っ人が!!」って

22: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:51:56 ID:iCX
みんなビックリして固まった
オバハンは、めちゃくちゃ優しくて俺が誤ってオバハンの家のガラス割ったときも、「わざとじゃないんでしょ?ケガなくてよかったね」とか言ってくれるような人だった
そんなオバハンがいきなり叫んだもんだから、家族全員フリーズ
もちろん俺も、一瞬目の前の人が本当オバハンかどうか疑ったくらい
でも何度見てもやっぱり知ってるオバハンだった

オバハンはズカズカと土足で家の中入ってきて、いきなり俺の目の前まで歩いてきた
もちろん、それにも全員ビックリした
そんでオバハンが俺に、また叫んできた
「あんた!盗んだものを返せ!」って
俺顔ポカーン
父ちゃん達も顔ポカーン

23: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:53:57 ID:p2I
>>22その時オバハンは何歳くらい?

24: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)01:56:23 ID:iCX
もちろん心当たりなんて全くない
でもオバハンがここまで怒ってるし、もしかしたら気付いてないだけで何かしたかもって記憶を辿ってた
父ちゃん達も、「お前、なんか盗ったんか?」みたいな感じ

>>23
確か59くらい
その少し前に、もうすぐ還暦みたいなことを親が言ってた

26: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:01:41 ID:iCX
オバハンは全然収まらなくて、
「お前が盗んだのは分かってる!」
「この盗っ人が!」
「私に嫌がらせして楽しいか!」
「耳元で笑いやがって!」
みたいなことをずっと叫んでた

最初家族も俺を疑ってたけど、だんだんオバハンの言うことが意味不明になってきて、オバハンがわけ分からんことを叫んでるって分かってきた
父ちゃんと母ちゃんがオバハンを宥めようとしたけど全く聞かなくてさ
しばらく叫んだところで、「絶対許さないからな!」って叫んでオバハンは帰ってった

30: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:09:25 ID:iCX
オバハンが帰ってから、父ちゃんと母ちゃんは心当たりはないかって聞いてきた
もちろんあるはずもなくて、それを言ったら父ちゃん達は首をかしげてた
その時に聞いたんだけど、父ちゃん達にはきちんと挨拶を返してたらしい
無視してたのは、俺だけ
なぜかは知らんが、オバハンは俺だけを極度に恨んでたみたいだった

33: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:13:38 ID:iCX
その日はそれで終わったんだけど、次の日から俺の生活が一変した
朝学校に行こうとしたらオバハンがオバハンの家の玄関に立ってて、
「犯罪者!逃げるな!」
「お前のせいだ!」
「そのまま死んじまえ!」
みたいなことを叫ぶようになった
そんで、帰ってきても同じように叫んでくる
もちろん、俺にだけ
見かねた父ちゃんが何度かオバハンの家に行ったけど、「私は悪くない!悪いのはあの盗っ人だ!」の一点張り
話にならなかった

36: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:18:21 ID:iCX
そんなある日の夜、ついに事件が起こった
俺の部屋は家の2階にあったんだけど、夜中いきなり窓が割れる音が聞こえてきた
慌てて起きたら、部屋の窓が割れてて、明かり付けたら部屋に拳くらいの大きさの石が転がってた
時間は、夜中の2時くらい

そんで窓の外を見てみたら、いた
オバハンは、夜中だっていうのに、寝間着姿で、しかも裸足で俺の家の前の道路に立ってた
そんで俺の顔見ながら、ケラケラ笑ってた

もうね、ゾッとしたよ
全身鳥肌が立って、目まいがした

37: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:19:05 ID:6R2
ほう

40: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:24:44 ID:iCX
これにはさすがの両親も頭に来て、警察呼んだんだ
で、俺も見たことをありのまま警察に話した
でも、警察がオバハンの家に行ったら、「私は知らない!天罰だ!」みたいなこと言ってて、自分じゃないって言い張ってさ
その時に警察から話があったんだけど、俺が直接オバハンが石を投げるところを見ていないから、今のところ逮捕は出来ないって言われた
なんだか理不尽な話だけど、決定的な証拠が今のところないからどうしようもないとも言われた

41: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:28:20 ID:6R2
何を盗んだかは言わんのか?

45: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:31:07 ID:iCX
>>41
まったく
ただひたすら、泥棒泥棒叫ぶだけ
警察に何がなくなったのかとか父ちゃんが聞いてたけど、詳しくは教えてくれなかった

42: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:29:06 ID:iCX
で、その時に警察から言われたんだ
そのオバハン、実は少し前からちょくちょく警察に通報してたらしい
家のモノがなくなっていて、犯人は分かってるって
たぶん、その犯人ってのが、俺のことだったんだよ
そんで、オバハンは痴呆の症状が見られて、痴呆になった人は物をなくした時、誰かのせいにすることが多いんだって
その誰かってのが、今回俺になってるかもしれないって
最後に近くを頻繁にパトロールするって言って、警察は帰って行った
帰り際に、何かあったらすぐに110番通報してって言われた時、すげえ怖くなった

43: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:29:06 ID:iCX
で、その時に警察から言われたんだ
そのオバハン、実は少し前からちょくちょく警察に通報してたらしい
家のモノがなくなっていて、犯人は分かってるって
たぶん、その犯人ってのが、俺のことだったんだよ
そんで、オバハンは痴呆の症状が見られて、痴呆になった人は物をなくした時、誰かのせいにすることが多いんだって
その誰かってのが、今回俺になってるかもしれないって
最後に近くを頻繁にパトロールするって言って、警察は帰って行った
帰り際に、何かあったらすぐに110番通報してって言われた時、すげえ怖くなった

48: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:35:11 ID:iCX
そっからもオバハンは俺にだけ叫んできてた
そんな中で、困り果てた父ちゃんが、地区の区長さんに話をしてみんなで話を聞きに行くことにした
もちろん、興奮したらいけないからって、俺抜きで
区長さん、父ちゃん、母ちゃん、兄貴が話をしに行ったんだけど、すぐに帰ってきた
帰ってきた父ちゃんが一言、「話にならん」ってぼやいていたのをよく覚えてる

50: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:40:59 ID:iCX
それから夏休みに入って、俺は父ちゃんの実家に預けられた
俺は元々大学行く気もなかったから、夏期補修も学校側に説明して出席しなくていいってことになってた

夏休みは、久しぶりにゆったり出来た
遠方でオバハンが来る心配もなかったし、じいちゃんもばあちゃんも優しかったし
ただ、それでも時々オバハンがいるような気がしてビクビクすることもあった

53: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:45:33 ID:iCX
そんで夏休みがもうすぐ終わる頃、俺の中でのオバハンはすっかり薄れてた
ああ、もうすぐ夏休みも終わりかぁみたいなことを呑気に考えてたくらい
そしたら、ある夜にじいちゃんが言ってきた
「ボケた人には気をつけえや。こうと思ったら、そうとしか考えられんくなる。もし怖い思いしたら、またいつでも来い。じいちゃんが守ってやる」って
俺、泣いちゃったよ
高校3年にもなって、じいちゃんにしがみついて泣いちゃったんだよな
そんときに、自分が自分じゃ気付かないくらい怖がってたのがわかった

55: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:50:43 ID:iCX
じいちゃんの家にいたとき、ちょくちょく父ちゃん達が俺の様子を見に来てたんだけど、その時にオバハンが最近は落ち着いているって言ってた
だから家に帰るとき、少し希望があったんだ

でも、それは帰宅した初日に打ち砕かれた
俺が家に帰り着いてから少しして、オバハンが俺んちに来た
それで、「あの糞ガキが帰ってきたな!?死んでなかったな!?」って叫び散らした
それまで落ち着いていた俺の心に、一気に怖さが戻ってきた

56: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:54:43 ID:iCX
それから、またあの毎日が戻ってきた
むしろ、オバハンは悪化していた
時々俺に向かって「これ以上嫌がらせするなら殺してやる!」とまで怒鳴り始めて、時々警察を呼ぶようになった
警察がオバハンの家に行くと少しの間は収まるけど、すぐにまた怒鳴るようになってた
この繰り返しだった

57: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:58:05 ID:iCX
それで、10月頃のことだった
その日両親は遠方に行ってて、家には俺と兄貴だけ
父ちゃん達は心配してたけど、何かあればすぐ通報するように言って出かけてた
俺は年甲斐もなく、兄貴にべったりだった
兄貴も、出かける時は一人では行くなって言ってくれてた

58: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:01:56 ID:L0r
そのババアは家族いなかったんかえ

61: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:05:54 ID:iCX
>>58
遠方にいたらしい
連絡もしてたとは思うけど、一度も来なかったし、あんまし関わり合いがなかったんだと思う

59: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:04:18 ID:iCX
夜9時過ぎくらい、ちょうど、9時からのドラマが始まったくらいの時、玄関から物音が聞こえてきた
ガリガリ、ガリガリっていう、削るような音
俺と兄貴は、すぐにオバハンが来たって分かった
兄貴は俺に小声で「黙っとけ。通報出来るようにしとけ」って言って、玄関の方に行った
そして兄貴が、「おばさん?」って聞くと、ガリガリって音が止まった
オバハンってのが分かった兄貴は、「○○(俺)ならいないよ。父さん母さんに付いていったよ」って言った

そしたら外から、「嘘をつくな!そこにいるだろ!」って叫び声が聞こえてきた

62: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:10:59 ID:iCX
その瞬間に、兄貴が叫んできた
「警察!警察呼べ!」って
俺はすぐにケータイから110番した
でもテンパって、住所とか聞かれてもすぐに答えられなかった
そしたらオバハンが玄関から居間の方に回ってきて、ガラス窓を叩き始めた
そんときのオバハンは、人間じゃなかった
あああああ!!とか、なんて行ってるか分からないようなことを叫んでた
俺は完全にビビって、電話で警察の質問に全く答えられなかった
そしたら兄貴がケータイ取り上げて、家の住所とか「すぐ来て下さい!」とか叫んでた
そしたら、居間のガラス窓が割れた

63: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:14:24 ID:p2I
怖すぎてわらえない…

65: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:19:37 ID:iCX
カーテン越しに窓が開いて、オバハンが家の中に入って来るのが分かった
俺はもうガクガク震えて、動けなくなってた
兄貴は電話投げ捨てて、「こっち来んな!警察呼んだぞ!」とか叫んでたけど、オバハンは無視して入ってきた
オバハンの手には、農作業とかで使う片手サイズの熊手があった
それ見た瞬間、殺されるって思った
オバハンは俺を見つけるなり、ズカズカと歩いてきた
そしたら兄貴がオバハンに体当たりしていって、オバハンと掴み合いになった
オバハンは「離せ!」ってずっと叫んでて、ずっと俺を睨んでた
兄貴は俺にずっと何か言ってたけど、何て言ってたのか覚えてない
全く動けなくて、その場にへたり込んで、掴み合ってた兄貴とオバハンを見てた

66: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:24:42 ID:iCX
そしてらいきなり近所のおじさんが居間から入ってきて、オバハンに掴みかかった
そんでそっから何人か入ってきて、オバハンを兄貴から引き離した
物音を聞いて来てくれたんだと思う
おじさん達に掴まれながら、オバハンはずっと何か叫んでた
俺は泣きながら、そんなオバハンを見てた

そっから少しして、サイレン鳴らしながら警察が来た
そんでオバハンをそのまま連れて行った

67: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:28:18 ID:iCX
俺と兄貴は、他の警察から色々話を聞かれて、現場検証(?)みたいなのを立ち会うように言われた
私服の警察がパシャパシャ写真撮ってて、それが終わったら、近所のおじさんと一緒に警察署に行った
調書になるんかね
警察が俺と兄貴の話を聞いて、その話をまとめた書類に名前書いたりしてた

68: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:35:06 ID:iCX
出かけてた父ちゃん達も慌てて帰ってきてくれた
母ちゃんは泣いてた
父ちゃんも「すまん。連れて行けばよかった」って泣きながら謝ってきた
それ見て、俺も泣いた

結局オバハンは逮捕(器物損害って聞いた)されて、そのまま施設に入れられたらしい
らしいって言うのも、それからすぐに家族で家から離れたアパートに一時的に暮らすようになったから、俺自身はよく分からない
警察からの連絡は、主に父ちゃんに来てたし
でもオバハンがそれ以降姿見せなくなったところから、本当に入院したんだと思う

結局高校卒業するまでそのアパートに住んで、高校卒業後は俺はじいちゃんちに暮らすようになった
それで、じいちゃんちから通える会社の社長がじいちゃんの友達で、そこに就職
で、今に至る、と

69: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:40:01 ID:uP6
怖いうえに悲しいなぁ

70: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:41:48 ID:p2I
けっきょく施設送りになったわけだ
ボケた人ってやっぱり危険すぎる
明日は我が身だけど

71: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:41:58 ID:iCX
実家の方は俺がじいちゃんちに住んでから、元の家に戻ったらしい
もちろん、オバハンは帰って来なかった
それでも気を遣ってくれたのか、何か行事があれば父ちゃん達がじいちゃんちに来るようになって、俺はあの家には全く帰らなかった
もっとも、帰る気もなかったけど

それで、昨日母ちゃんからオバハンが死んだって聞かされた
もう安心だから、父ちゃんちに住むか聴かれたけど、仕事も順調だったし、なによりあんなことがあったてころには住みたくなくて、そのままじいちゃんちに住んでる

72: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:43:21 ID:vRB
こわ。怖過ぎ

73: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:43:27 ID:4OJ
このタイプのオバハンてワイドショーとかでたまに見る
脳の回路がボケでそうなっちゃうんだろうな

74: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:43:49 ID:jck
壮絶過ぎて引いた

76: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:45:30 ID:iCX
まあダラダラ書いたけど、これで終わり

最後に言わせてもらうなら、ボケたババア、ジジイには気をつけろ
ジジババだけじゃない
世の中には、中年くらいで頭がおかしい奴は意外と多い
奴らに常識は通じないし、話も出来ない
そんな奴に目を付けられたら、真っ先に逃げろ
死ぬほど怖い目に遇う可能性がある

聞いてくれてありがとう

77: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)03:54:19 ID:jck

超怖かった
1001: 以下、名無しにかわりまして超まとめがお送りします 200X/01/01 00:00:00 ID:ChoMatome
記事の続きを読む
Twitterでつぶやく
はてなブックマークする

おすすめ記事

↓最新記事も "流れるコメント" 絶賛受付中・‥…ーー━━★


↓この記事のコメント・‥…ーー━━★

0 : どうやら超管理人 2016年04月22日
記事の続きはこちらで。
※数字、米数字でコメントがポップアップするよ。
良いコメントには「Good」を押してね。
不正投票は無効化されるから、同じコメントのボタンを連続で押さないでね。

コメント投稿フォームは↓↓
コメントはまだありません
コメントする
名前
メール
URL
コメント

当サイト人気記事ランキング・‥…ーー━━★